• トップ
  • お知らせ
  • のどの異物(魚の骨)を除去するために処置用ファイバーを導入いたしました

のどの異物(魚の骨)を除去するために処置用ファイバーを導入いたしました

2016/04/02

のどの奥に異物(魚の骨)がささっている場合は、昔ながらの鏡で見ながら鉗子で取りますが、反射の強い方のどのかなり奥まで骨がささったでは、難しい場合もあります。
そこで鉗子付きの処置用ファイバーを導入しました。

耳鼻咽喉科クリニックで、この鉗子付きの処置用ファイバーを導入しているのは極めて少ないです。
なぜなら一介の診療所で導入するには高価なのに診療報酬は一律にすべて保険で決められており、しかも土用の丑の日が毎日あるわけでもなく、お魚メニューの減っている今、到底、投資回収は不可能だからです。そのため年に数人来るか来ないかの、のどの奥に骨がささった患者のために導入することは院内でも異論はありましたが、つらい思いをしているその数人の方のためにも導入したいとの院長の思いで導入を決めました。

魚の骨がささった方へ

夕食で魚の骨がひっかかったとしても、無理にいじらず、ご飯の丸呑みは絶対せず、うがいくらいにしてください。痛みが我慢できる範囲内であれば、翌日受診していただければ結構です。ご飯丸呑みは、のどのつっかえたり、かえって骨を奥まで押し込んだりして危険です!ただ、当院の診療時間外で、出血やつばも飲めないような痛みがあったり、呼吸が苦しい場合は、耳鼻咽喉科の救急外来への受診をお勧めします。⇒救急医療機関検索は東京都医療機関案内サービス「ひまわり」へ